【坪拾い】屋根の貼り方向を効率よく調整する

image_print

補助線機能を使って屋根伏せ図を書いた場合、屋根材の手動配置が必要です。

手動配置をすると、貼り方向がすべて一定になります。
貼り方向の調整が必要になります。

面を右クリックして「貼り方回転」で変更できますが、張り方向を調整したい面がいくつかある場合は、「連続貼り方回転」機能が便利です。

【ツール】「連続貼り方回転」を選びます。

回転角度は「90度」に設定しておきます。
※坪拾いでは90度回転のみ対応しています。斜めの割付はできません。

貼り方を調整したい面の上で左クリックをすると、面が90度回転します。
複数面ある場合は、連続でクリックすることができます。

間違えてクリックしてしまった場合は…
「0度」に設定して面をクリックすると、もとの貼り方向に戻ります。

投稿者: 横山